スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

美食家はアメリカンミートがお好き!?

おめでとうございます。本年もどうぞご贔屓に。

「最近俺の舌を満足させる物に出会ってないな~」
西洋の伯爵のような格好をしたワニ姿の怪人がステーキにかぶり付きながら言った。
「美味そうなものないか探しに出るか」
そう言って町へと繰り出す怪人。

突然現れた怪人に町の人々は当然騒ぎになった。すると、その騒ぎを聞き付けた2代目ミス アメリカ・汀マリアが怪人の前に立ち塞がった。
「エゴス怪人ね、私が相手になってあげるわ」
「貴様まさか…」
「そのまさかよ!! フィーバー!!」
マリアは一回転するとピンクのレオタード姿へと変わった。
「ミス・アメリカ!!」
「ミス・アメリカか!そうだ、お前がいたな!」
「どういうことよ!?」
「俺の舌を満足させる物はお前に違いない!俺が貴様を食べてやろう」
「冗談じゃないわ!」
そう言って怪人にキックを食らわせようとするアメリカ。しかしそのキックを受け止められてしまい、片足を抱えられた状態になってしまった。
「無駄な抵抗は辞めて、このビショク怪人様に大人しく食われてしまえ」
「嫌に決まってるでしょ、離しなさい!」
何とか足を離させようと、もがくアメリカ。
「しかし、お前程の素材をこのままにして置くには勿体ない。よし、ファットビーム!」
突然口を開いてアメリカにビームを浴びせるビショク怪人。すると、アメリカの体がみるみるうちに膨らみ始めた。
「い、いや…なんなのこれ…」
もがこうにも体がどんどんと太っていくので思うように動けず、ついには変身も解け、服が破けるまで丸々と太ってしまった。
「素晴らしい姿だ。 俺の目に間違いはなかった」
ビショク怪人はマリアをチャーシューのように縛りあげるとアジトへ運んだ。

アジトへ着くとコックの格好をしたカットマンを呼び出すビショク怪人。
「今日のメインディッシュは汀マリアのローストガールを頼む」
「そんなの嫌!!」
何とか逃げようと暴れるマリアだったが、そんな抵抗も意味がなく、カットマンによって厨房へ運ばれてしまった。厨房に着くと、カットマンは騒ぎ続けるマリアの口にリンゴを加えさせた。んー!!んー!!と声を上げるマリア。次にカットマンはマリアの全身に特性のタレをたっぷりと塗り始めた。まん丸になったお腹、プルプルの巨乳になった胸、丸太のような太さでムチムチになった太もも、柔らかく餅のような弾力のある尻、丸々と太ったマリアの体が徐々に茶色く色付いていく。全身茶色く色付くと、大きな天板に乗せられて大きなオーブンへと入れられた 。カットマンがオーブンのダイヤルを捻ると、中が赤く照らされ始めた。それと同時にうー!!うー!!と声を上げるマリア。だが、カットマンは、そんなこと気にせず、銀色の大きな皿の周りに野菜を盛り付けていた……

「あのマリアがあそこまで丸々と太るとはな…かなり美味そうだったな、早くローストガールにならないかな~」
マリアが焼かれ始めて数十分、ビショク怪人は前菜をつまみながら、メインディッシュが出来上がるのをまだかまだかと待っていた。すると、大きな銀色の蓋を被せた物をカットマンが運んできた。
「おぉ!!ついに出来たか!!早く見せてくれ!!」
ビショク怪人の目の前で蓋を取るカットマン。すると、白い湯気と共に香ばしい匂いをさせ、こんがりと焼き上がったローストマリアが仰向け・気を付けの状態で盛り付けられていた。口には先程加えさせられたリンゴもそのままで、縛っていた後もしっかり残っていた。
「これは素晴らしい!!冷める前に食べてしまおう」
先程持っていたナイフとフォークを大きめの物に持ち変えるビショク怪人。
「それでは、今日のメインディッシュ、汀マリアのローストガール、いただきま~す」
まず、お腹にナイフを入れるビショク怪人。ナイフは力を入れなくてもスーッと入っていった。ある程度の大きさにカットした腹肉を口に運ぶビショク怪人。
「これは凄い、肉汁と脂の旨味が口全体に広がっていく」
美味い美味いと腹肉を平らげるビショク怪人。
「次はこの脚肉と尻肉をたべるとするか」
腹肉同様、ある程度の大きさに切り分けてから食べるビショク怪人。
「脂の乗りが半端ないな、ジューシーで食べ応えも抜群だ」
ガツガツと食べていき、あっという間に脚肉と尻肉を食べてしまったビショク怪人。
「次はこの大きくなった胸肉」
ビショク怪人は、胸肉は切り分けず、そのままかぶり付いた。
「んー!!切らずとも噛みきれて、口の中に入れた瞬間溶けてしまうような、まろやかな胸肉だな!!実に美味い!!」
胸肉を食べ終わった後も、腕や頭、骨までも綺麗に完食してしまったビショク怪人。
「いや~実に美味い料理だった、久しぶりに俺の舌を満足させることができた」
ハッハッハと高笑いするビショク怪人。

こうしてミス・アメリカ、汀マリアはビショク怪人によって食べられてしまったのであった。
[ 2013/01/02 00:00 ] バトルヒロイン | TB(0) | CM(1)

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。<(_ _)> 

昨年、特に11・12月はあまりに忙しくご無沙汰しておりましたが、久しぶりに拝見させていただきました。
下記の「らんまん」、そして今回の「ローストガール」どちらも堪能いたしました。(*^_^*)
今年も期待してますので、よろしく♪

では。(o・・o)/
[ 2013/01/08 17:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heroinecooking.blog6.fc2.com/tb.php/76-d060a3b1












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。