スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シークレット・レストラン(前編)

ここは街の郊外にある小さな洋食専門のレストラン。店内はカウンター席とテーブル席の2種類あり、カウンターには大きな鉄板が設置されている。そんなお店でバイトの面接が行われていた。
(江成茉莉花さんね)
「はい」
(変わったお名前ねぇ)
「はい、よく言われます」
(レストランで働いたことは?)
「ありません。でも、一生懸命頑張ります」
(わかったわ、採用しましょう)
「ありがとうございます」
(その代わりビシビシ行くから覚悟しておいてね)
「はい!!」
スポンサーサイト
[ 2009/04/19 00:00 ] デカヒロイン | TB(0) | CM(29)

嘘でしょ!? 恐怖のネジレジア料理

注:今回も画像を見ることができますが妄想の邪魔する恐れがありますので見たい方だけ閲覧してください。

ネジレジアとの戦いが終わりメガレンジャーの面々はそれぞれの道を歩んでいた。学生となっていた千里とみくは相変わらず仲良しで休みが合えば、一緒に遊びに行くほどであった。今日もまた一緒に出掛けているのであった。
「ねぇねぇ、今度はあれ食べようよ」
みくが指さす方向にはアイクリーム屋があった。
「あのねぇ~、あんたいくら食べれば気が済むわけ?」
呆れ気味に千里はみくに言った。

[ 2009/04/01 00:00 ] メガヒロイン | TB(0) | CM(0)










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。