スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ツインカム・チャオズ

こんばんは。今回はインさんから頂いたifストーリーを元に作らせていただきました。
ご期待に添えていなければすいませんm(_ _)m
スポンサーサイト
[ 2011/11/01 00:00 ] デカヒロイン | TB(0) | CM(4)

イエロー・トラップ(後編)

ウメコが料理されてから3日後のこと。
ジャスミンは連絡の取れなくなったウメコの手掛かりを探すためにとある場所に向かっていた。
「ここがそうね・・」
ジャスミンの視線の先にはあのレストランがあった。すると、SPライセンスを取り出し変装モードを選び、服装をチェンジした。その服装は下はスカートタイプの黒のスーツであった。
「あとは・・・」
そう言うと黒縁のメガネを掛けた。端から見ればOLと言うより何処かの教師の様な出で立ちであった。ジャスミンは店の中へと入っていった。
「すいませ~ん」
誰かが入ってきたことに気付くオーナー。
[ 2009/05/03 00:00 ] デカヒロイン | TB(0) | CM(8)

シークレット・レストラン(前編)

ここは街の郊外にある小さな洋食専門のレストラン。店内はカウンター席とテーブル席の2種類あり、カウンターには大きな鉄板が設置されている。そんなお店でバイトの面接が行われていた。
(江成茉莉花さんね)
「はい」
(変わったお名前ねぇ)
「はい、よく言われます」
(レストランで働いたことは?)
「ありません。でも、一生懸命頑張ります」
(わかったわ、採用しましょう)
「ありがとうございます」
(その代わりビシビシ行くから覚悟しておいてね)
「はい!!」
[ 2009/04/19 00:00 ] デカヒロイン | TB(0) | CM(29)

ツインカム・ティータイム

注:今回は途中で画を見ることができますが妄想の邪魔する恐れがありますので見たい方だけ閲覧してください。

「ねぇねぇ、これジャスミンに似合うんじゃない?」
小柄な女の子はウインドの服を指さしそばにいた背の高い女の子に声をかける
「えぇ、私じゃちょっと無理よ」
「そんなことないって、ジャスミンにお似合いだって」
「そう? でもね…」
「いいからいいから、入って着て見ようよ」
「ちょっと、ウメコ…」
[ 2009/03/14 00:00 ] デカヒロイン | TB(0) | CM(1)










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。